+MOVE

僕たちは「+MOVE」という概念を大切にしていいます。
決してメインでの仕事でなくとも、僕たちが関わることでそのプロジェクトがより良い方向に向かったり、思いがけない状況が生まれたり、そういった思考をスパイスとして取り入れてもらえるような、そんな働き方を目指しています。

それは僕たち個人の仕事もそうですが、根本として建築というものが一人ではつくることのできないもので、クライアントはもちろんのこと、施工者さんや協力業者さん、職人さん達がチーム一丸となって力を合わせたからこそ、初めてその姿を現すものだと考えているからです。

ここ、「+MOVE」では建築に纏わるできごとをいろんな人とコラボしながら、+MOVE編集長より発信してゆきます。日々の会話のカケラから空想を広げて新たな世界をつくってみたり、会いたい人(の、脳ミソ)に会いにゆこうと対談を企画してみたり、家具の大河ドラマとか、ゆくゆくは映画とかつくっていけたらいいなと思います。いきなりインタビューのオファーがやってくるかもしれないですが、その時はどうぞあたたかく迎えていただけると嬉しいです。

是非ともみなさんでこの世界を盛り上げていきましょう。

+MOVE 編集長|シミズアヤコ

1 9 8 7 年福岡県北九州市生まれ北九州市育ち。
2 0 1 2 年北九州市立大学大学院終了。
専攻は建築だが、肝心の建築はほったらかしにして個体と液体は果たしてどちらが強いのか、そんなことを本気で議論したこともあった。
現実よりも夢がすき。

한국 Vol.2 20/01/14

< 한국 Vol.1 「建築家として、もっとも、うれしいときは、建築ができ、そこへ人が入って、そこでいい生活がおこなわれているのを見ることである。日暮れどき、一軒の家の前を通ったとき、家の中に明るい灯りがついて、一家の楽 […]

...more


僕たちの忘年会 2019 19/12/26

僕たちの忘年会 2019 変わりゆくものもあれば 変わらないものもある。 変化と挑戦を楽しみながらも変わらない関係や繋がりを大切に、2019年もたくさんの方々にありがとうを伝えたい。今年は『僕たちが大好きな人や面白いもの […]

...more


한국 Vol.1 19/12/23

例えて言うなら、モブは家族である。 家族というより兄弟かもしれない。細かいことがきっちりできて計画をしっかり立てる、だけどこだわりも強い《長男》あっきー(中尾)さん。口数少ないけど静かなる感情を秘め、自分の世界をマイペー […]

...more


すきをめぐる旅 19/12/06

松涛美術館 1951年竣工、白井誠一氏の晩年の作品です。白坂さんおすすめの建築ということで(なかなか渋い!)立ち寄ってきました。入った瞬間の感じる空気に、思わず息をのむ。建築学生時代、はじめての設計トレース課題が「呉羽の […]

...more


いい夫婦の日 19/12/01

11月22日 いい夫婦の日。 TV取材とWEB取材を同時に受け、今までのこと、これからのことを話すよい時間をいただきました。ライターの下川さんが楽しそうに質問してくださるので、いつも以上に息ぴったりな受け答えは、相変わら […]

...more