HOTSUNS今泉店

路地の奥に佇む小さな小さなお店「HOT SUNS」3枚の扉とディスプレイをプロダクトとして扱い、街のアイコンとなるような場所として設計を行った。
ここは、店主とお客さんとの対話が生まれ、天候や、気温、またはお客さんの人数に応じて、扉の開き方が変化しコミュニケーションが移り変わっていく。今泉の町に馴染み昔からあるような佇まいとなっていき人々に愛される場所となる事を想像している。

2019|Fukuoka