SWITCH BAR in Chayamachi

新しい文化を築きあげること。どこか海外のイメージの強いBarの空間イメージを「新しい和」というコンセプトを元に日本的なバーの在り方を考えてみてはどうだろうか?スイッチバーという新たな大人の遊び場という概念で多くの人々を呼び込み、既に多くの集客を得ている中でのお店づくり。僕たちはこのような状況下で新店舗を展開するにあたって、そのお店を象徴とする空間要素が必要だと考えた。
和の要素を単に押出すのではなく、部分の要素として大胆に象徴することで、スイッチバーの熱のこもった「動」の盛り上がりと、和のもつ静寂さとしての「静」の空間が同時に共存する、コントラストをもった新たな集まる居場所が生みだされる事を想像した。
既存の静かなコンクリートの躯体に、障子のグリッドや、路地を通り、暖簾をくぐり、縁側に出るという一連の体験と動作を加え、広々とした躯体のコンクリートのホールで人々が行きかい、語らう空間構成となっている。
和という空間が静なる空間となるのではなく、和という空間における動なる空間を、スイッチバーのシステムとのコラボにより実現できるのではないかと考えている。

場所|大阪市北区茶屋町
用途|飲食店
構造|RC造
規模|254.08m2
施主・サイン|株式会社トリックデザイン
設計/監理|STUDIO MOVE
施工|株式会社イシマル
写真|exp 塩谷 淳

2016|Osaka

switch60_1812 switch41_1665 switch17_1562 switch02_1457 switch13_1535 switch01_1444 switch15_1548 switch07_1480 switch08_1491 switch26_1602 switch31_1627 switch30_0783 switch33_1634 switch35_0790 switch36_1647-2 switch59_1807 switch09_1498 switch11_1514switch66_1834switch50_1763switch54_1787switch52_1769switch53_1778switch56_1796switch61_1814 switch65_1830switch20_1577switch22_1581 switch23_1590 switch25_1599