R&D

厳選されたシュー用品を取り扱うR&D様としての空間性をより明確に伝えるプロジェクトとなります。
細長い空間の中で一枚のミラーパーテションを設ける事により、そこには無限に広がる奥行きが生まれてきます。抽象化された背景は製品を丁寧に紹介できるものとなり、工房という小屋を持つ古さと新しさが共存する未来的な空間を目指します。入口に入った瞬間にR&Dのサインを取り付け、テーブルの小口などにMOWBRAYカラーと取り入れ、工房はより工房らしく配管装飾を施し、ポイントとしてカラーを入れます。収納の扉をミラーにすることで無限に広がる空間、広さを表現することで、未来永劫発展のための空間を目指します。少しカーブさせた商品棚には間接照明が柔らかく製品に光をもたらすことで上質な空間、高級感が生まれます。
製品が際立ち、工房自体がメディア受けするような空間性を望んでいます。

2018|Tokyo