House in Aobadai|phase_2

福岡県北九州市の住宅街に建つ戸建てのリノベーションプロジェクト。
建築家の宮脇壇氏によって手がけられたニュータウンのひとつで、区画整地により奥行きの大きい街区がつくられ、前面の道路以外には隣地が建ち並ぶような立地です。そのような場所において、プライバシーと静寂を確保するにはどこか閉じた計画となり、室内において生活が完結する事が少なくありません。
私たちは開放的で静寂なライフスタイルを獲得する方法として、1階の壁を開放し、そのまま敷地境界に沿って新たな外壁(塀)を設ける事を提案しました。そうすることで、もともと内部と外部を切り離していた境界は建具へと置き換わり、認識としての内部空間は敷地いっぱいまで拡張する事が可能となりました。そこでは住宅機能としての静寂とプライバシーを同時に獲得する事ができ、閉じつつも開かれた新たな環境が生まれる事を想像しました。この新たに生まれた中間領域としての庭を室内まで延長させ、外と内に明確に分かれていた境界という存在をゆるやかな状態まで落とし込む事により、従来の玄関がテラスとなり、快適な環境へと生まれ変わりながらも、元の姿が残る愛着ある住宅へとなっていくことを望んでいます。

場所|北九州市若松区青葉台
用途|戸建て住宅のリノベーション
構造|軽量鉄骨造
規模|1F:81.25m2/2F:81.25m2
設計/監理|STUDIO MOVE
照明計画|モデュレックス
施工|ワンプランニング
金物|カモクラフト
カーテン制作|anbaba
撮影|exp 塩谷 淳

2016|Fukuoka

aobadai_2291

aobadai_2265aobadai_2261

aobadai_2207 aobadai_2236aobadai_2395 aobadai_2400 aobadai_2435 aobadai_2451 aobadai_2465 aobadai_2556 aobadai_2630 aobadai_2632 aobadai_2651 aobadai_2680 aobadai_2685aobadai_2490 aobadai_2519 aobadai_2525 aobadai_2530 aobadai_2531 aobadai_2550