カエデスタイル

新築で家を建てるように、スケルトンという敷地の中に小屋を配置するような改修工事のプロジェクト。
外と小屋とが接続するような、デッキから庭(事務所)を眺めるような豊かな空間を目指します。
会議室ではプロジェクターに対して、リラックスしながらの優雅な議論の場になるなどクリエイティブな働き方ができるように、オフィススペースでは余白を設ける事によって庭や外と同じような快適な空間性を演出します。
スケルトンの空間の中に、むやみに人工物により固めるのではなく、鉄や木という物静かでありながら温かみを感じる事のできる素直な素材を挿入していくことで、植物を共存させ、その存在、空間共に魅力的になる事を創造しています。

2018|Fukuoka